ギャラリー


舞台公演記録のアーカイブ化のためのモデル形成事業

ドーナツ・プロジェクト連続講座全12回 講座写真


    第1回 「アーカイブについての基礎知識と事例」

    館長岡室美奈子よりご挨拶と本事業の趣旨についての説明

    デジタルアーカイブ室中西による、アーカイブの基礎知識、他分野と舞台芸術におけるアーカイブの違い、海外の舞台芸術アーカイブについての事例の解説

    元演劇博物館(現:アーツカウンシル東京)の松谷はるな氏による、ご自身が立ち上げに関わったJDTA(Japan Digital Theatre Archives)の事例紹介

    第2回 「舞台芸術とアーカイブ―演劇にとって記憶とは何か?」

    講師:吉見俊哉先生(東京大学大学院情報学環教授)

    第3回 「演劇の映像化事業の商業ベースでの成立にむけて」

    講師:高萩宏氏(世田谷パブリックシアター)

    第4回 「のこしたものの利活用について~EPAD活動紹介~」

    講師:三好佐智子氏(EPAD事務局)

    第5回 「アナログ媒体のデジタル化と、デジタルデータの適切な保存方法について」

    講師:山下郁美氏(株式会社IMAGICAエンタテインメントメディアサービス)

    第6回 「公演情報をどのように残すか~アーカイブを想定した整理や管理の方法などについてJDTA等を例に実践的に解説~」

    講師:中西智範(演劇博物館)

    第7・8回 「舞台と配信の著作権の基礎」


    講師:福井健策先生(弁護士・ニューヨーク州弁護士 骨董通り法律事務所代表パートナー、EPAD実行委員、緊急事態舞台芸術ネットワーク常任理事)

    第9・10回 「契約処理について ー著作権をはじめとした権利処理を行う上で必要な契約処理について具体的・実践的に解説する」


    講師:田島佑規先生(弁護士 骨董通り法律事務所、EPAD権利処理チーフ、緊急事態舞台芸術ネットワーク事務局)

    第11・12回 ワークショップ「それぞれの受講生が考える舞台芸術アーカイブのあり方について」


    まずは当館デジタルアーカイブ室中西により問題提起が行われ、EPAD事務局からお越し頂いた米屋尚子氏より、ご自身の経験を元にアーカイブの活用方法や利点についてお話頂いた。


    受講生による課題の発表の様子



    各々が課題シートに自由にリアクションを貼っていく。

    その間、アドバイザーたちは4つのテーマに分け、受講生の発表した課題をクラスタリングしていく。



    それぞれのテーマに基づき、アドバイザー・受講生交えてディスカッションを行った。


    館長の岡室美奈子よりまとめの言葉、修了証の授与。


主催:早稲田大学坪内博士記念演劇博物館
令和4年文化庁「大学における文化芸術推進事業」舞台公演記録のアーカイブ化のためのモデル形成事業
運営:特定非営利活動法人舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)