第24回研究会のお知らせ / Workshop

第24回研究会を開催いたします。

日時:2022年12月6日(火曜日)
Date: Tuesday, December 6   18:30~20:30(Japan Time)

オンラインによるズーム開催
Online Meeting via Zoom

■発表 Program

1、由良濯/愛知県美術館学芸員
「公立美術館としての愛知県美術館の役割―コレクションの形成と今後の展望」(概要
ARO Yura / Curator, Aichi Prefectural Museum of Art
“Roles and Responsibilities of the Aichi Prefectural Museum of Art as a Public Museum” (summary)

2、塩津青夏/国際芸術祭「あいち」組織委員会 プロジェクト・マネージャー
「あいちトリエンナーレについて―都市型芸術祭の事例として」(概要
SHIOTSU Seika / Curatorial Project Manager, Aichi Triennale Organizing Committee
“Aichi Triennale as an Art Festival in Cities” (summary)

第23回研究会 / Workshop

第23回研究会を開催いたしました。

日時:7月19日(火)18:30~20:30
Date: Tuesday, July 19   18:30~20:30(Japan Time)

オンラインによるズーム開催
Online Meeting via Zoom

■発表 Program

1、森万由子(広島県立美術館学芸員)
「広島県立美術館の成り立ちと機能」(概要
MORI Mayuko/ Curator of Hiroshima Prefectural Art Museum
“Origin and Functions of the Hiroshima Prefectural Art Museum” (Summary)

2、笹野摩耶(広島市現代美術館学芸員)
「広島市現代美術館の休館中アウトリーチ活動」(概要
SASANO Maya/ Curator of Hiroshima City Museum of Contemporary Art
“Outreach Programs of the Hiroshima City Museum of Contemporary Art During the Closure” (Summary)

第22回研究会 / Workshop

第22回研究会を開催いたしました。

日時:6月28日(火)18:30~20:00
Date: Tuesday, June 28 18:30~20:00(Japan Time)

オンラインによるズーム開催
Online Meeting via Zoom

■発表 Program

1、河野 昌広(早稲田大学文学学術院助手)
「都市を歩くこと、走ること」(概要
KONO Masahiro/ Research Associate, Faculty of Letters, Arts and Sciences
“Walking and Running in a City” (Summary)

2、金 敬黙(早稲田大学文学学術院教授)
「ソフトパワー、都市、そして平和」(概要
KIM Kyungmook/ Professor, Faculty of Letters, Arts and Sciences
“Soft Power, City and Peace” (Summary)

書籍出版のお知らせ / Publication

研究所の活動成果をまとめた著作『危機の時代からみた都市ーー歴史・美術・構想』が水声社より刊行されました。


『危機の時代からみた都市ーー歴史・美術・構想』
Cities as Seen From the Age of Crisis: History, Art and Conceptualization

*詳細はこちらからご覧いただけます。(Click here to view full reoports)

【目次】
*English follows after Japanese.

まえがき

第一部 危機の時代の社会と都市、構想と未来
「危機の時代」における日本の都市/長田攻一
都市の未来と道路:空間とネットワーク/大石久和
ポストCOVID都市のための社会インフラとは何か?/マチウ・ベルジェ、ジョフレ・グリュロワ
ブリュッセルの自転車専用交通網の発展に対するCOVID-19のインパクト:戦術的都市計画と美的経験/クレール・ペルグリムズ
車の道から歩く道、自転車の道、走る道へ:都市の困難と再生/河野昌広

第二部 都市の創造と再生
建築・都市は、災厄からいかに蘇ることができるのか/古谷誠章
創造的手法としてのノーテーション/藤井由理
「小さな手つき」で実現するアートのまち:天王洲における小規模継続的整備によるエリア価値の再構築/山村崇
朝日の昇る国のメガシティの芸術と文化:ブラジル、サンパウロの場合/マーティン・グロスマン

第三部 都市の歴史と文化
古典古代の疫病と都市:文学作品における描写/宮城徳也
墓のある都市景観:秦始皇帝陵の陵園と魂の巡遊/楢山満照
十八、十九世紀における朝鮮の文人知識人層による園芸趣味/鄭珉
地底都市の美しき生活:タルド『未来史の断片』を読む/池田祥英

第四部 都市の表象と美術
二十年後、ニューヨークの9・11に応答し制作された芸術を振り返る:ゲルハルト・リヒター、エリック・フィッシュル、中川直人、ロズ・ダイモンを通して/ゲイル・レヴィン
ニューヨークの画家 木村利三郎:都市の表象と〈9・11〉/坂上桂子
荒川修作+マドリン・ギンズの都市構想「Reversible Destiny City/天命反転都市」:プラネタリー・アーバニゼーションの時代に/田中綾子
モダンアートの「反転」とミュージアムの変容:ダダからパンデミックへ/塚原史
東京ステーションギャラリーの戦略:都市型私立美術館の課題と限界/冨田章

謝辞


Contents

Preface

PART I Cities in the Age of Crisis: Conceptualization and Future

Cities of Japan in “the Age of Crisis”
Koichi Osada (Waseda University)

 The Future of Cities and Roads: Space and Network
Hisakazu Ohishi (Oriental Consultants Global Co., Ltd.)

 What Social Infrastructure for the Post-Covid City?
Mathieu Berger (Université catholique de Louvain)
Geoffrey Grulois (Université libre de Bruxelles)

 Impact of Covid-19 on the Brussels Cycling Network Development: Tactical Urbanism and Aesthetical Experiences
Claire Pelgrims (Université Libre de Bruxelles/ Université Gustave Eiffel)

 From Roads for Cars to Roads for Walking, Bicycling, and Running: Urban Difficulties and Revitalization
Masahiro Kono (Waseda University)

 PART II  Creation and Regeneration of Cities

 How Can Architecture and Cities Be Revived From Disasters ?
Nobuaki Furuya (Waseda University)

 Notation as a Creative Method
Yuri Fujii (Waseda University)

 Realizing an Art District Through Small Interventions: Reconstruction of Area Values Through a Small-Scale Continuous Upgrading Process in Tennoz
Shu Yamamura (Waseda University)

 Art and Culture in Megacities in Lands of the Rising Sun: The Case of São Paulo, Brazil
Martin Grossmann (São Paulo University)

 PART III  History and Culture of Cities

 The Plague and Cities in Classical Antiquity: Descriptions in Literary Works
Tokuya Miyagi(Waseda University)

 Cityscape with Mausoleum: The Qin She Huangdi Mausoleum and Cruise of the Soul
Mitsuteru Narayama (Joshibi University of Art and Design)

 Joseon Literati and Intellectuals’ Horticultural Hobbies in the 18th and 19th Centuries
Jung Min (Hanyang University)

 The Aesthetic Life in the Underground City: Rereading Gabriel Tarde’s Underground Man
Yoshifusa Ikeda (Waseda University)

 PART IV  Representation and Art

 Twenty Years Later, Looking at Art Made in Response to 9/11 in New York: Gerhard Richter, Eric Fischl, Naoto Nakagawa, and Roz Dimon
Gail Levin (The City University of New York)

 Painter of New York: Risaburo Kimura’s Representation of the City and 9/11
Keiko Sakagami (Waseda University)

 Shusaku Arakawa and Madeline Gins’ City Plan “Reversible Destiny City”: In the Age of Planetary Urbanization
Ayako Tanaka (The National Museum of Modern Art, Tokyo)

 “Inversion” of the Modern Art and Evolution of Museums: From Dada to Pandemic Crisis
Fumi Tsukahara (Waseda University)

 Tokyo Station Gallery’s Playbook: Problems and Missions of an Urban Private Museum
Akira Tomita (Tokyo Station Gallery)