ペート・バックハウス
(Peter Backhaus)

専門分野:
社会言語学、会話分析、
文字と表記、スタイリスティックス

E-mail: backhaus#waseda.jp (replace # with @)

 

Classes

【英語英文学科担当科目】

<2年必修>応用言語学入門

<2年以上選択>Language and Society(隔年)・Language and Culture(隔年)

<ゼミ>英米文学語学演習I・II R

<大学院>社会言語学、英語学特論I、Academic Writing & Presentation 1

<授業紹介>

【Language and Culture】

簡単な説明動画は以下のYouTube動画をご覧ください

 

ゼミ紹介:About my seminar

社会言語学は、文字通り、「社会」と「言語」の関わりを探る分野です。われわれが日々使っていることばは、社会にどのような影響を与えるか、またどれだけ社会によって形成されているかを考察します。バックハウスゼミでは、社会言語学の主要なトピックを紹介して、日常生活の中での言語がどのような働きをしているかを学びます。前期では、ネット、テレビ番組、映画、広告、看板、文学作品などにおける「ことば」を対象とした実際の研究プロジェクトを見ながら、社会言語学の理論と方法について学びます。夏休みの課題は、前期で学んだことを踏まえて、自分が興味のあるトピックについてデータを集めて分析することです。後期では、各ゼミ生がそれを発表で紹介し、クラス全体でディスカッションとフィードバックをします。また、論文の書き方、データ分析、参考文献の検索などについても学びます。専門知識以外にも、社会で役に立つスキル(プレゼンテーションの仕方、データの調べ方、英語力)を身に付けます。

自己紹介:About myself

出身はドイツのアーヘン市です。初めて日本に来たのは1998年の留学、2005年からは日本に定住しています。川崎市民、川崎フロンターレの大ファンです。その他の趣味は、音楽、読書、サーフィン、料理とお酒です。

専門紹介:My academic field

主な研究プロジェクト一覧:

・日本人小学生の「僕」と「俺」の使用(M.A.)

・言語景観(Linguistic landscape)(PhD)

・介護施設におけるコミュニケーション(Post Doc)

・スパムメールの言葉(科研費)

・米文学における自称詞と対称詞(現在)

私の学生時代:My school life

子供の頃から言語オタクです。中学からは初恋の英語に出会い、その後フランス語(Ne me quitte pas)、ラテン語(Errare human est)も勉強しました。大学では難易度を上げて日本語に挑戦して、あいうえおからの毎日が始まりました。大学の本当の専門は、英語英文学でしたが、当時は遥かに日本語の方に力を入れて、他のことにあまり興味ありませんでした。成績もそれなりに激しかったです。

学生の声:What the students say

<ゼミ生より>

バックハウスゼミは、自由に自分の好きなテーマを研究し、発表をします。映画や海外ドラマ、本、ゲーム、標識やネット言語など、自分の興味があるものを題材にできるので、楽しんで研究に打ち込むことができます。また、ゼミは英語で行われるので、スピーキングや英語プレゼンテーションの力もつきます。そしてバックハウス先生はケーキを焼いてきてくれたりする優しい先生です!

<院生より>

In Prof. Backhaus’s graduate classes, students’ independence and interests are always respected and taken seriously. As a teacher, he is approachable and easy to talk to, and he supports you in your research far beyond the weekly seminar meetings. Thanks to Prof. Backhaus, I’ve got to know a variety of topics and engage with fellow students from all different backgrounds. I strongly recommend this seminar to anyone interested in sociolinguistics or language education.

 主要著作:Main Publications

書籍(著・編)

2017. Care communication: Making a home in a Japanese eldercare facility. Abingdon and New York: Routledge.

2013『国際結婚家族のお受験体験記』東京:明石書店

2011 (ed.). Communication in Elderly Care: Cross-cultural Perspectives. London and New York: Continuum.

2009 (ed., with Hiroshi Shōji & Florian Coulmas)『日本の言語景観』東京:三元社

2007. Linguistic Landscapes: A Comparative Study of Urban Multilingualism in Tokyo. Clevedon: Multilingual Matters.

論文(査読付き)

2020. “Harry you must stop living in the Past:” Names as acts of recall in John Updike’s Rabbit Angstrom. Names 68(4). 210-221, DOI: 10.1080/00277738.2020.1794248.

2020. “You don’t mind my calling you Harry?” Terms of address in John Updike’s Rabbit Tetralogy. Literary Linguistics 9(4). https://doi.org/10.15462/ijll.v9i4.126 https://journals.linguistik.de/ijll/article/view/126

2019. No time to care? Interactional hurriedness in a Japanese nursing home. Linguistics Vanguard 5(s2). https://doi.org/10.1515/lingvan-2018-0022

2017. Reclaiming agency in resident–staff interaction: A case study from a Japanese eldercare facility. Discourse Studies 20(2) 205–220. doi.org/10.1177/1461445617734932

2013. You’ve got [email protected]: A textual analysis of Japanese dating invitation mails. Contemporary Japan 25(1). 1–16.
http://www.degruyter.com/view/j/cj.2013.25.issue-1/cj-2013-0001/cj-2013-0001.xml?format=INT

2010. Multilingualism in Japanese public space: Reading the signs. Japanese Studies 30(3). 359-372.

2010. Time to get up: Compliance-gaining in a Japanese eldercare facility. Journal of Asian Pacific Communication 20 (1): 69-89.

2010.「起きる時間―施設介護における承諾獲得」2010年10月『社会言語科学』13 (1). 48-58.

2009. Politeness in institutional elderly care in Japan: A cross-cultural comparison. Journal of Politeness Research 5 (1). 53–71.

2007. Alphabet ante portas: How English text invades Japanese public space. Visible Language 41 (1). 70-87.

2006. Multilingualism in Tokyo: A look into the linguistic landscape. International Journal of Multilingualism 3 (1). 52-66.

2005. Signs of multilingualism in Tokyo: A diachronic look at the linguistic landscape. International Journal of the Sociology of Language 175/176. 103-121.

その他

Japan Timesのコラム“Bilingual”に定期的執筆

https://www.japantimes.co.jp/author/int-peter_backhaus/