【次回の研究会】2022年2月研究例会(第200回オペラ研究会)

早稲田大学総合研究機構 オペラ/音楽劇研究所  2022年2月研究例会のご案内
Information of Monthly Regular Meeting February 2022 (The 200th Meeting of Opera Research Group)
Waseda Institute for Research in Opera and Music Theatre (WIROM), Comprehensive Research Organization, Waseda University

English follows Japanese

▼2022年2月研究例会(第200回オペラ研究会)

◇日時:2022年2月5日(土)16:30-18:00
◇開催方式:オンライン開催(Zoom使用)

※ 事前申し込みが必要です。参加希望者は2/2(水)までにGoogleフォーム(https://forms.gle/UVzNGtghb4D9mWbs8)から、ご氏名、所属、連絡先(メールアドレス)を記入してお申し込みください。前日(2/4)にフォームに入力したメールアドレスに招待メールをお送りします。
※ ご出席の際お名前の表示をお願いします。カメラをonにする必要はありません。
発言時以外はミュートにしてください。

◇発表者: 大田美佐子
◇所属・資格:
神戸大学大学院人間発達環境学研究科 人間発達専攻 表現系講座・准教授
早稲田大学総合研究機構オペラ/音楽劇研究所 招聘研究員

◇題名:オペラとミュージカルの美学: その連続と分断 – ヴァイル研究の視角から

◇報告言語: 日本語

◇概要:
クルト・ヴァイル(1900-1950)は、オペラ、教育劇からブロードウェイ・ミュージカルまで、「音楽劇」の作曲家として、様々なタイプの音楽劇を生み出してきた。コロナ状況下においても、様々なオンライン上演が行われ、実験的で社会的な音楽劇の存在感は健在である。ヴァイルの研究史でも上演史においても、亡命前と後の作品の変化から、冷戦構造のなかで「二人のヴァイル論争」が起こったが、現在では研究でも上演においても、ドイツ時代とアメリカ時代の作品における「差異」や「分断」と同時に、その「連続性」に焦点が当てられている。この問題は、「三文オペラ」やブロードウェイ・ミュージカルなどのマージナルな作品の現代での上演を考えるうえでも、作品理解にとっても、まさにアクチュアルな問題ではないだろうか。
本発表では、オペラとミュージカルの美学の連続と分断の問題を、ヴァイル研究の視点から、以下の3つの点を中心に検討考察する。

起点としての「二人のヴァイル」論争
ヴァイル自身の音楽論におけるオペラとミュージカル
ミュージカルとブレヒト理論

◇発表者プロフィール:
東京生まれ。東京藝術大学音楽学部楽理科、学習院大学大学院人文科学研究科修了。ウィーン大学人文学研究科博士課程修了(音楽学)。博士論文は「芸術の要請と社会的効果 1930年代へと向かうクルト・ヴァイルの音楽劇」。専門は音楽学 (音楽文化史・音楽美学)。ヴァイル関連の論文には「アメリカで見た景色─クルト・ヴァイルの社会派音楽劇の軌跡─」(2014)や「日本の《三文オペラ》試論(1) – 黎明期の三文熱をめぐって」(2020)などがある。近年はヴァイル研究での「亡命・越境」的観点から、「越境的・対話的音楽文化史」の分野に関心を持ち、ハーバード大学のキャロル・J.オージャ教授との共同研究を行ってきた。そこでは、異なる文化や社会的背景の共有という視点から、占領期や戦後の音楽文化史を調査・研究している。共著論文には「Marian Anderson’s 1953 Concert Tour of Japan: A Transnational History (マリアン・アンダーソンの1953年の日本コンサート・ツアー:トランスナショナルな歴史)」などがある。現在、神戸大学大学院准教授。researchmap.jp/Misako_Ohta

◇司会者:釘宮貴子


次回例会開催予定日:2022年4月9日(土)
発表者: 加藤恵哉
司会者: 未定

早稲田大学総合研究機構オペラ/音楽劇研究所:https://w3.waseda.jp/prj-opera-mt/

e-mail address: operaken-uketsuke[at]list.waseda.jp ([at] = @)
(この例会案内は後ほどFacebookTwitterでも発信されますので、そちらでも見ることができます。)

************************************

Monthly Regular Meeting February 2022 (The 200th Meeting of Opera Research Gtroup)
Waseda Institute for Research in Opera and Music Theatre (WIROM), Comprehensive Research Organization, Waseda University

◇Time and Date: February 5th (Sat.) 2022, 16:30-18:00 (JST)
◇Format: Online meeting (Zoom)

– Registration is required by February 2nd (Wed.). Please fill out the following Google-Form: (https://forms.gle/UVzNGtghb4D9mWbs8)
-The invitation e-mail via zoom will be sent to the registrants on 4th February.

◇Presenter: OHTA, Misako

◇Affiliation, Position:
Kobe University Graduate School of Human Development and Environment, Associate Professor
Adjunct researcher at the Waseda Institute for Research in Opera and Music Theatre

◇Title: The Aesthetics of Opera and Musicals: Their Continuity and Disjuncture—From the Perspective of Weill Studies

◇Language: Japanese

◇Abstract:
Kurt Weill (1900-1950), as a composer of “musical theater,” from operas and Lehrstück (like “Der Lindberghflug” and “Der Jasager”) to Broadway musicals, created various types of musical theater. Even in the corona situation, the presence of experimental and social music theater is still alive and well, with various online performances. The changes in his works before and after his exile led to the “two Weills” controversy, and there was also the background of the Cold War. Now the focus is on the continuity as well as the “difference” and “division” in his works between the German and American periods. This issue is also an acute problem in the understanding of performances of Weill’s musical theater.

In this presentation, I would like to consider the issue of continuity and fragmentation in the aesthetics of operas and musicals from the perspective of Weill studies, focusing on the following three points:

  1. The “two Weills” controversy as a restarting point
  2. Opera and musicals in Weill’s own music theory
  3. Musicals and Brecht’s theory

◇Profile of Presenter:
Misako Ohta is an associate professor of the Graduate School of Human Development and Environment, Division of Human Expression, at Kobe University. Born in Tokyo, she studied musicology at Tokyo University of the Arts (BA) and German Literature at Gakushuin University (MA). Her PhD in music history (University of Vienna, 2001) examined artistic intention and its public effects in Kurt Weill’s musical theater from the 1920s into the 1930s. She teaches Western music history within its cultural context and transnational perspective and has been a music critic for the regional edition (Kansai area) of the Yomiuri Shinbun since 2003. She is preparing a critical biography of Kurt Weill in Japanese.

researchmap.jp/Misako_Ohta

◇Moderator: KUGIMIYA, Takako

Next meeting will be held on 9th April. (Sat.) 2022
Presenter: Keisuke Kato
Moderator: TBA

Waseda Institute for Research in Opera and Music Theatre (WIROM), Comprehensive Research Organization, Waseda University: https://w3.waseda.jp/prj-opera-mt/

e-mail address: operaken-uketsuke[at]list.waseda.jp ([at] = @)
(This information will be sent later by Facebook and Twitter. You can see it in them, too.)

2021年12月研究例会(第199回オペラ研究会)

English follows Japanese

研究報告(オペラ/音楽劇のキーワーズ)

現代の新しいオペラ/音楽劇と新演出

◇報告者:荻野 静男
◇日時:2021年12月4日(土)16:30-17:30
◇開催方式:オンライン開催
◇言語:日本語

続きを読む

2021年11月研究例会(第198回オペラ研究会)

Japanese follows English

Presentation

Opera on 82 Keys: The convergence of opera and the piano in the first half of the 19th century

◇Presenter: NEWELL, Anthony
◇Time and Date: November 6th (Sat.) 2021, 16:30-18:00 (JST)
◇Format: Online meeting (Zoom)
◇Language: English

続きを読む

【中止】プロジェクト「オペラとメディア Opera and Media」

※重要なお知らせ

まことに残念ではありますが、プロジェクト『オペラとメディア』は中止となりました。アイルランド・メイノース大学においてパンデミックによる海外への研究出張の停止措置が取られたためです。(2021/11/03更新)

プロジェクト「オペラとメディア Opera and Media」

主催:早稲田大学総合研究機構オペラ/音楽劇研究所
共催:早稲田大学高等研究所
後援:早稲田大学総合研究機構

本テーマに関する研究分野の第一人者である、アイルランド国立メイノース大学音楽学部教授 クリストファー・モリス氏(Prof. Christopher Morris, Maynooth University, Ireland; Associate Editor of The Opera Quarterly)を招聘し、早稲田大学早稲田キャンパスにて下記のように本プロジェクトの5つの研究イベントを開催いたします。
続きを読む

2021年10月研究例会(第197回オペラ研究会)

English follows Japanese

研究発表

ヴィーラント/シュヴァイツァー『アルツェステ』における「真実らしさ」

◇発表者:江口 大輔
◇日時:2021年10月9日(土)16:30-18:00
◇開催方式:オンライン開催
◇言語:日本語

続きを読む

2021年度7月研究例会 (第196回オペラ研究会)

English follows Japanese

研究発表

ゴルドーニ作品に見られる異邦人の表象――東方を舞台とした作品を中心に

◇発表者:大崎さやの
◇日時:2021年7月17日(土)16:30-18:00
◇開催方式:オンライン開催
◇言語:日本語

続きを読む

【活動報告】受賞報告:大田美佐子 招聘研究員

大田美佐子 招聘研究員が、下記共著論文により「Irving Lowens Award for Best Article 2021」を受賞されました。受賞おめでとうございます。

Katie A. Callam, Makiko Kimoto, Misako Ohta and Carol J. Oja, “Marian Anderson’s 1953 Concert Tour of Japan: A Transnational History,” American Music, Volume 37(3),266-329, 2019
続きを読む

2021年度6月研究例会 (第195回オペラ研究会)

English (French) follows Japanese

研究発表

パリのオペラ座について―19世紀の首都における都市計画、建築、社会的完成

◇発表者:ブロッソー,シルヴィ
◇日時:2021年6月19日(土)16:30-18:00
◇開催方式:オンライン開催
◇言語:日本語

続きを読む

2021年度5月研究例会(第194回オペラ研究会)

English follows Japanese

オペラ/音楽劇のキーワーズ

20世紀初頭のウィーンで作曲された日本を題材としたオペラ・オペレッタに見る日本人像

◇報告者:釘宮 貴子

◇日時:2021年5月15日(土)16:30-17:30
◇開催方式:オンライン開催
◇言語:日本語
続きを読む

【書籍出版】『オペラ/音楽劇研究の現在』刊行のお知らせ

オペラ/音楽劇研究所の企画書籍『オペラ/音楽劇研究の現在―創造と伝播のダイナミズム』(水声社刊) が刊行されました。

出版社のページ(水声社のサイト)
http://www.suiseisha.net/blog/?p=14055

オペラ/音楽劇研究所の特設ページはこちら