オペラ/音楽劇研究所シンポジウム

シンポジウム

グルック・シンポジウム:オペラ《オルフェーオとエウリディーチェ》とその周辺

◇主催:早稲田大学オペラ/音楽劇研究所
◇後援:早稲田大学総合研究機構

 

◇日時:2022年12月18日(日) 13:15-19:00
◇会場:早稲田大学小野記念講堂
◇言語:日本語

概要

早稲田大学総合研究機構オペラ/音楽劇研究所「バロック・オペラ」ワーキンググループ企画によるシンポジウムの第2回として、クリストフ・ヴィリバルト・グルック(1714-1787)を取り上げます。グルックはバロック・オペラから近代的なオペラへの転換期において、オペラ改革を行った作曲家として知られます。なかでも改革オペラの第1作にあたる《オルフェーオとエウリディーチェ》(1762)は、台本やバレエにおける変革の動きと強い結びつきがあるだけでなく、初演後ヨーロッパ各地において様々に改変された形で上演されたことにより、多方面からのアプローチが可能な作品といえます。

シンポジウム前半では、《オルフェーオとエウリディーチェ》の作品概要およびオペラ改革の概略を明らかにした上で、台本・バレエから見た位置づけを検討し、さらに本作初演の前後に上演されたグルック作曲による他のオペラの二つの版を比較考察します。後半では、同時代のドイツ、イギリス、ロシアにおける《オルフェーオとエウリディーチェ》上演を取り上げ、最後に現代における作品受容としてオペラ映画を扱います。演奏による解釈も交えつつ、パネリストがそれぞれの視点で考察し、改革オペラを多角的にとらえ直す場を提供することを目指します。

大河内文恵(バロック・オペラWG代表)

発表者:タイトル(発表順)

坂巻彩華:グルック《オルフェーオとエウリディーチェ》の作品概要

大崎さやの:オルフェーオをめぐるテクストの変遷~イタリアの演劇作品とオペラ台本を例に

森立子:18世紀のバレエ改革とグルック

萩原里香:オペラ改革の前と後~《エツィオ》2つの版の比較を通して

大河内文恵:グルック《オルフェーオとエウリディーチェ》のドイツ上演をめぐって

吉江秀和:グルック《オルフェーオとエウリディーチェ》~1770年代のロンドン上演をめぐって

森本頼子:18世紀ロシアにおける改革オペラ上演~宮廷劇場と農奴劇場を中心に

荻野静男:グルック《オルフェーオとエウリディーチェ》の映像作品について

コメンテイター:江口大輔

演奏曲目

《エツィオ》(1764)より

  • 第1幕最終場 二重唱 “Va, ma tremo al tuo periglio”
  • 第3幕第3場 エツィオのアリア “Se il fulmine sospendi”
  • 第3幕第9場 フルヴィアのアリア “Ah non son io, che parlo”

《オルフェーオとエウリディーチェ》
ロンドン上演版(1770)より

  • 第1幕第5場 エウリディーチェのアリア “Obliar l’amato sposo”(J.C.Bach作曲)

ウィーン上演版(1762)より

  • 第3幕第1場 二重唱 “Vieni appaga il tuo consorte”
  • 第3幕第1場 エウリディーチェのアリア “Che fiero momento”
  • 第3幕第1場 オルフェーオのアリア “Che farò senza Euridice?”

など。

演奏者:青木洋也(カウンターテノール)、澤江衣里(ソプラノ)、中谷路子(ピアノ)

チラシ(PDF)

グルック・シンポジウム・チラシ
*会場までのアクセスと各発表内容の詳細がご覧になれます。

本シンポジウムは会場オンラインのハイブリッドでおこないます(ともに無料)。どなたでも参加可能です。会場参加の場合にもオンライン参加の場合にも12月15日までに参加登録をお願いします。

・参加登録フォーム

https://forms.gle/u6Fb2H7T72txzLoeA

・問い合わせ先メールアドレス

2023年1月研究例会(第208回オペラ研究会)

早稲田大学総合研究機構 オペラ/音楽劇研究所  2023年1月研究例会のご案内
Information of Monthly Regular Meeting January 2023 (The 208th Meeting of Opera Research Group)
Waseda Institute for Research in Opera and Music Theatre (WIROM), Comprehensive Research Organization, Waseda University

English follows Japanese

▼2023年1月研究例会(第208回オペラ研究会)

◇日時:2023年1月21日(土)16:30-18:00
◇開催方式:オンライン開催(Zoom使用)
  • ※ 事前申し込みが必要です。参加希望者は1/18(水)までにGoogleフォーム(https://forms.gle/4s7i2GUJ63Xc2U4L8)から、ご氏名、所属、連絡先(メールアドレス)を記入してお申し込みください。前日(1/20)にフォームに入力したメールアドレスに招待メールをお送りします。
  • ※ ご出席の際お名前の表示をお願いします。カメラをonにする必要はありません。発言時以外はミュートにしてください。
◇発表者:笠原 真理子

◇所属・資格:東京大学連携研究機構ヒューマニティーズセンター特任研究員

◇題名:『オペラにおける香りの演出―マスネの《タイス》を題材に―』

◇発表言語: 日本語

◇概要:

近年多様化が進むオペラ演出においては、3Dはとうに越えて4DやVRの視点を取り入れる手法が散見される。その中でも古典的な手段の一つである「香り」の活用は、既に19世紀半ばからヨーロッパの舞台演出でなされてきた。とりわけ19世紀に「嗅覚のブルジョワ化」(Corbin 1982)が進んだフランスにおいては、時代とともに変遷する香りの価値観が芸術作品にも反映され、オペラ作品においても、香りや嗅覚が、テキスト、音楽及び舞台演出の重要な要素となっていたといえる。

本発表では、ジュール・マスネ(1842-1912)のオペラ 《タイス》(1894)を題材に、19世紀後半から20世紀初めにかけてのフランス・オペラにおける香りが、テキストと音楽の相乗効果によって表現される様相の特色とその背景を分析する。最終的には、現代にオペラを上演する際の香り演出の可能性を示す。

◇発表者プロフィール:

東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究専攻博士課程単位取得満期退学。博士(文学)。博士論文のタイトルは「マスネのオペラ《マノン》における「演出」―文学のオペラ化に関する考察―」。2021年より東京大学ヒューマニティーズセンターに所属。オペラ制作現場にも、演出助手や制作のスタッフとして関わる。現在は、第三共和政のフランス・オペラ、舞台演出、マンガ、デジタル・ヒューマニティーズをキーワードとしつつ、複数の研究プロジェクトに所属。共著に津曲真一、細田あや子編『媒介物の宗教史』リトン、2020年。

◇ 司会者: 大野 はな恵


次回例会開催予定日:2023年4月8日(土)
次回例会開催予定日:
発表者: 未定
司会者: 未定

早稲田大学総合研究機構オペラ/音楽劇研究所:https://w3.waseda.jp/prj-opera-mt/
e-mail address: operaken-uketsuke[at]list.waseda.jp ( [at] = @)
(この例会案内は後ほど FacebookTwitterでも発信されますので、そちらでも見ることができます。)

************************************

Monthly Regular Meeting January 2023 (The 208th Meeting of Opera Research Group)
Waseda Institute for Research in Opera and Music Theatre (WIROM), Comprehensive Research Organization, Waseda University

◇Time and Date: January 21st (Sat.) 2023, 16:30-18:00 (JST)
◇Format: Online meeting (Zoom)
  • Registration is required by January 18th (Wed.). Please fill out the following Google-Form: (https://forms.gle/4s7i2GUJ63Xc2U4L8)
  • The invitation e-mail via zoom will be sent to the registrants on January 20th.
◇Presenter: KASAHARA, Mariko

◇Position, Affiliation: Project Researcher of the Humanities Center at the University of Tokyo

◇Title: “Opera and Scent: Massenet’s Thais as a Subject”

◇Language: Japanese

◇Abstract:

In recent years, opera productions have become increasingly diversified, with many incorporating 4D and VR perspectives that have long since surpassed 3D. One of the most classic methods, “scent,” has been used in European stage productions since the mid-19th century. Especially in France, where the “bourgeoisification of the sense of smell” (Corbin 1982) progressed in the 19th century, the changing values of fragrance over time were reflected in artistic productions. In operas, scent and the sense of smell were essential elements in the text, music, and stage direction.

In this presentation, using Jules Massenet’s (1842-1912) opera Thais (1894) as a case study, I will analyze the characteristics and background of the synergistic effect of text and music on fragrance in French opera from the late 19th to the early 20th century. Finally, the possibilities of scent production in contemporary operas will be shown.

◇Profile of Presenter:

Dr. Mariko Kasahara is a Project Researcher of the Humanities Center at the University of Tokyo and also an adjunct researcher at the Institute for Research in Opera and Music Theatre at Waseda University. She has just completed her doctoral thesis, “The Mise en Scène of Massenet’s ‘Manon’: Analysis in the making process of an opera derived from a literature,” at the Department of Cultural Resources Studies, Graduate School of Humanities and Sociology at the University of Tokyo. Her current academic interests are in Catholicism and scents depicted in French operas derived from literature during the Third Republic, opera staging, manga, and digital humanities.

◇Moderator: ONO, Hanae


Next meeting: April 8th (Sat.) 2023
Presenter: TBD
Moderator: TBD

Waseda Institute for Research in Opera and Music Theatre (WIROM), Comprehensive Research Organization, Waseda University: https://w3.waseda.jp/prj-opera-mt/

e-mail address: operaken-uketsuke[at]list.waseda.jp ( [at] = @)
(This information will be sent later by Facebook and Twitter. You can see it in them, too.)

2022年12月研究例会(第207回オペラ研究会)

研究発表

20世紀後半のドイツ語圏における《薔薇の騎士》演出の変遷について

◇発表者:大矢 未来
◇日時:2022年12月3日(土)16:30-18:00
◇開催方式:オンライン開催
◇言語:日本語

続きを読む

2022年11月研究例会(第206回オペラ研究会)

English follows Japanese

研究発表

大団円はオペラ座で──日本の洋楽系音楽劇受容の初期において繰り返し使用されたプロットについて

◇発表者:大西 由紀
◇日時:2022年11月5日(土)16:30-18:00
◇開催方式:オンライン開催
◇言語:日本語

続きを読む

2022年10月研究例会(第205回オペラ研究会)

English follows Japanese

研究発表

サーントー・ティヴァダルによるオペラ《台風》(1924)における「日本風」場面の描写

◇発表者:岡本佳子
◇日時:2022年10月1日(土)16:30-18:00
◇開催方式:オンライン開催
◇言語:日本語

続きを読む

2022年7月研究例会(第204回オペラ研究会)

English follows Japanese

研究発表

バロック・オペラvs ロマンティシズム――《オリンピアデ》における友情と恋愛

◇報告者:辻 昌宏
◇日時:2022年7月16日(土)16:30-18:00
◇開催方式:オンライン開催
◇言語:日本語

続きを読む

2022年6月研究例会(第203回オペラ研究会)

English follows Japanese

研究発表

19世紀ロシアにおけるグランド・オペラとバレエ

◇報告者:平野 恵美子
◇日時: 2022年6月18日(土)17:30-19:00(通常より1時間遅い開始)
◇開催方式:オンライン開催
◇言語:日本語

続きを読む

2022年5月研究例会(第202回オペラ研究会)

English (French) follows Japanese

研究発表

19世紀パリのグランド・オペラとメディア

◇発表者:森佳子
◇日時:2022年5月14日(土)16:30-18:00
◇開催方式:オンライン開催(Zoom使用)
◇言語:日本語

続きを読む

【活動報告】招聘研究員の新刊書のご紹介

招聘研究員の新刊書が刊行されました!

  • 大田美佐子著『クルト・ヴァイルの世界―実験的オペラからミュージカルへ』岩波書店、2022年3月9日 ※出版社のサイトはこちら
  • 大崎さやの著『啓蒙期イタリアの演劇改革―ゴルドーニの場合』東京藝術大学出版会、2022年3月29日  ※出版社のサイトはこちら