タグ別アーカイブ: バロック・オペラ

2022年7月研究例会(第204回オペラ研究会)

早稲田大学総合研究機構 オペラ/音楽劇研究所  2022年7月研究例会のご案内

Information of Monthly Regular Meeting July 2022 (The 204th Meeting of Opera Research Group)

Waseda Institute for Research in Opera and Music Theatre (WIROM), Comprehensive Research Organization, Waseda University

English follows Japanese

▼2022年7月研究例会(第204回オペラ研究会)

◇日時: 2022年7月16日(土)16:30-18:00
◇開催方式:オンライン開催(Zoom使用)
  • ※ 事前申し込みが必要です。参加希望者は7/13(水)までにGoogleフォーム(https://forms.gle/vXrRYy9ybP2sxU7r6)から、ご氏名、所属、連絡先(メールアドレス)を記入してお申し込みください。前日(7/15)にフォームに入力したメールアドレスに招待メールをお送りします。
  • ※ ご出席の際お名前の表示をお願いします。カメラをonにする必要はありません。発言時以外はミュートにしてください。
◇発表者: 氏名 辻 昌宏

◇所属・資格:明治大学経営学部教授

◇題名: 『バロック・オペラvs ロマンティシズム――《オリンピアデ》における友情と恋愛』

◇発表言語: 日本語

◇概要:

現代日本人にとって、ロマン主義的芸術観が過剰になっていることの弊害を解き明かし、その上で、ロマン主義によって葬りさられたかに見えたメタスタジオおよびバロック・オペラの世界観を《オリンピアデ》を例にその魅力を明らかにしたい。

◇発表者プロフィール:

明治大学教授。専門が移り変わっているようでいて、再び以前の専門分野を取り上げたりするので、時によって複数の専門分野を持つ。昨年度においては、ハムレットおよびW.H.オーデンを論じる一方で、イタリア文学およびイタリアのバロック・オペラ研究に注力している。オペラのリブレット研究が軸の1つといってよいだろう。

◇ 司会者: 笠原 真理子


次回例会開催予定日:2022年10月1日(土)
報告者: 岡本 佳子
司会者: 中村 良

早稲田大学総合研究機構オペラ/音楽劇研究所:https://w3.waseda.jp/prj-opera-mt/
e-mail address: operaken-uketsuke[at]list.waseda.jp ( [at] = @)
(この例会案内は後ほど FacebookTwitterでも発信されますので、そちらでも見ることができます。)

************************************

Monthly Regular Meeting July 2022 (The 204th Meeting of Opera Research Group)
Waseda Institute for Research in Opera and Music Theatre (WIROM), Comprehensive Research Organization, Waseda University

◇Time and Date: July 16th (Sat.) 2022, 16:30-18:00 (JST)
◇Format: Online meeting (Zoom)
  • Registration is required by July 13th (Wed.). Please fill out the following Google-Form: (https://forms.gle/vXrRYy9ybP2sxU7r6)
  • The invitation e-mail via zoom will be sent to the registrants on July 15th.
◇Presenter: TSUJI, Masahiro

◇Position, Affiliation: Professor, School of Business Administration, Meiji University

◇Title: “Baroque Opera vs. Romanticism—Friendship and romantic love in Olympiade

◇Language: Japanese

◇Abstract:

The librettos written by Metastasio are often said to be the summit of all the librettos of operas in the Italian language or other European languages. While Romanticism has influenced greatly the sensibility of European and other countries’ audiences and listeners, they could not appreciate the worldview of Metastasio, in which friendship is more highly regarded than romantic love. I would like to explain the worldview of Metastasio and compare it with that of Romanticism.

◇Profile of Presenter:

Professor of Meiji University. His research field is widespread, ranging from English and Italian literature to opera librettos.

◇Moderator: KASAHARA, Mariko


Next meeting will be held on October 1st(Sat.) 2022
Presenter: OKAMOTO, Yoshiko
Moderator: NAKAMURA, Ryo

Waseda Institute for Research in Opera and Music Theatre (WIROM), Comprehensive Research Organization, Waseda University: https://w3.waseda.jp/prj-opera-mt/

e-mail address: operaken-uketsuke[at]list.waseda.jp ( [at] = @)
(This information will be sent later by Facebook and Twitter. You can see it in them, too.)

2017年度12月研究例会 (第167回オペラ研究会)

シンポジウム

<モンテヴェルディ生誕450年記念シンポジウム>
モンテヴェルディのオペラから広がるバロック・オペラの世界

◇企画:早稲田大学オペラ/音楽劇研究所「バロック・オペラ」ワーキンググループ
◇後援:早稲田大学総合研究機構

◇日時:2017年12月9日(土) 13:00-18:00
◇会場:早稲田大学 早稲田キャンパス 26号館 1102会議室
◇言語:日本語

続きを読む

2015年度6月研究例会 (第140回オペラ研究会)

English follows Japanese

オペラ/音楽劇キーワーズ 第7回

「バロック・オペラ(発掘、再評価、復活上演)」「バロック・オペラ(イギリス)」

◇報告者:丸本隆
◇日時:2015年6月6日(土)17:00-18:30
◇会場:早稲田大学 早稲田キャンパス 18号館 国際会議場 共同研究室(7)
◇言語:日本語

続きを読む