タグ別アーカイブ: 日本

2022年11月研究例会(第206回オペラ研究会)

早稲田大学総合研究機構 オペラ/音楽劇研究所  2022年11月研究例会のご案内

Information of Monthly Regular Meeting November 2022 (The 206th Meeting of Opera Research Group)

Waseda Institute for Research in Opera and Music Theatre (WIROM), Comprehensive Research Organization, Waseda University

English follows Japanese

▼2022年11月研究例会(第206回オペラ研究会)

◇日時: 2022年11月5日(土)16:30-18:00
◇開催方式:オンライン開催(Zoom使用)
  • ※ 事前申し込みが必要です。参加希望者は11/2(水)までにGoogleフォーム(https://forms.gle/ChqQEgTeiz8WcgSR7)から、ご氏名、所属、連絡先(メールアドレス)を記入してお申し込みください。前日(11/4)にフォームに入力したメールアドレスに招待メールをお送りします。
  • ※ ご出席の際お名前の表示をお願いします。カメラをonにする必要はありません。発言時以外はミュートにしてください。
◇発表者:大西由紀

◇所属・資格:大東文化大学文学部日本文学科 講師

◇題名: 「大団円はオペラ座で──日本の洋楽系音楽劇受容の初期において繰り返し
使用されたプロットについて」

◇発表言語: 日本語

◇概要:

本発表では、日本の洋楽系音楽劇の受容史研究において言及されることの多い3つの音楽劇作品について、プロットが互いに似通っていることに注目して再読する。ここで取り上げるのは、外国人の旅回りの一座によるオペレッタを劇中劇として挿入した河竹黙阿弥の歌舞伎『漂流奇譚西洋劇』(1879)、益田太郎冠者が川上貞奴の一座のために書き下ろし、のちに帝国劇場でも改訂上演した『唖旅行』(1908/1914)、宝塚少女歌劇初のレヴューである岸田辰彌の『吾が巴里よ(モン・パリ)』(1927)の3作品である。いずれの演目も、日本人の一行が世界を旅し、言葉や習慣への不案内からトラブルに遭い、はぐれる者も出るが、最後にはパリまたはロンドンのオペラ劇場またはミュージックホールで再会し、皆で演し物を楽しむ、というあらすじに沿っている。

このプロットの類似は、過去の研究者にも手短に言及されてはきたが、3作品を突き合わせての精査は行われていない。本発表はこの点に改めて着目して台本や同時代評などの現存資料を読み直し、プロットの類似がなぜ起きたのかを推測するとともに、3作品の相違点にも注目して、演目ごとの特徴を明確にする。

◇発表者プロフィール:

東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程修了。博士(学術)。2022年より大東文化大学文学部日本文学科講師。専門は比較文学・翻訳論。日本において20世紀初頭から始まったオペラ/音楽劇の受容について、とりわけ台本の翻訳と翻案に注目して研究している。著書『日本語オペラの誕生──鷗外・逍遙から浅草オペラまで』(森話社、2018年)で日本演劇学会河竹賞奨励賞および日本比較文学会賞を受賞。共編著に『オペラ/音楽劇研究の現在:創造と伝播のダイナミズム』(佐藤英・岡本佳子との共編、水声社、2021年)。

◇ 司会者: 葛西 周


次回例会開催予定日:2022年12月3日(土)
報告者: 大矢未来
司会者: 大田美佐子

早稲田大学総合研究機構オペラ/音楽劇研究所:https://w3.waseda.jp/prj-opera-mt/
e-mail address: operaken-uketsuke[at]list.waseda.jp ( [at] = @)
(この例会案内は後ほど FacebookTwitterでも発信されますので、そちらでも見ることができます。)

************************************

Monthly Regular Meeting November 2022 (The 206th Meeting of Opera Research Group)
Waseda Institute for Research in Opera and Music Theatre (WIROM), Comprehensive Research Organization, Waseda University

◇Time and Date: November 5th (Sat.) 2022, 16:30-18:00 (JST)
◇Format: Online meeting (Zoom)
  • The invitation e-mail via zoom will be sent to the registrants on Novemver 4th.
◇Presenter: ONISHI, Yuki

◇Position, Affiliation: Daito Bunka University, Lecturer

◇Title: “Grand Finale at the Opera: A Plot Repeatedly Used by Japanese Early Adopters of Western Music Theatre”

◇Language: Japanese

◇Abstract:

Among the history of Western musical theatre reception in Japan, three domestically written musical plays that are frequently mentioned by researchers strangely share the same plot: a group of Japanese people travel around the world; on their travels, one or more of the characters find themselves in trouble, mainly because they do not know the Western culture nor languages; eventually they get separated, but luckily meet again in front of an opera house or a music hall in a European metropolis, and attend a show together.

This paper closely reads the three plays: Hyōryū Kitan Seiyō Kabuki (The Miraculous Story of the Castaways: A Play in the Western Style, 1879), a kabuki play which inserted Western touring company’s comic opera scenes as a play-within-a-play; Oshi Ryokō (A Mute’s Travels, 1908), a musical farce written for Japan’s first modern actress and her company; and Mon Pari (Mon Paris, 1927), the first revue in Japan staged by today’s Takarazuka Revue Company. By investigating remaining scripts, illustrations, photos, sheet music, shellac recordings, artists’ interviews, critical reviews, and other media coverage, the study attempts to explain why this plot template was used repeatedly, and how the playwrights in later years added their own twists to the prototype.

◇Profile of Presenter:

ONISHI Yuki is a lecturer of comparative literature and culture at Daito Bunka University in Saitama, Japan. Her research explores various forms of Western-influenced music theatre in Japan which emerged around and after 1910, focusing on how libretti in Western languages were translated and/or adapted for a Japanese audience. She is a proud co-editor of Opera and Music Theatre Studies Today: Dynamism of Creation and Spread (Tokyo: Suiseisha, 2021, in Japanese) together with SATO Suguru and OKAMOTO Yoshiko. Her first monograph, The Birth of Japanese-Language Opera, 1902–1923 (Tokyo: Shinwasha, 2018, in Japanese) won awards from the Japanese Society for Theatre Research and the Japan Comparative Literature Association. She received her Ph.D. in 2017 at the University of Tokyo, Komaba.

◇Moderator: KASAI, Amane


Next meeting will be held on December 3rd (Sat.) 2022
Presenter: OYA, Miku
Moderator: OHTA, Misako

Waseda Institute for Research in Opera and Music Theatre (WIROM), Comprehensive Research Organization, Waseda University: https://w3.waseda.jp/prj-opera-mt/

e-mail address: operaken-uketsuke[at]list.waseda.jp ( [at] = @)
(This information will be sent later by Facebook and Twitter. You can see it in them, too.)

2020年度2月研究例会(第193回オペラ研究会)

オペラ/音楽劇のキーワーズ

[第17回]

大正・昭和初期のオーケストラ演奏会と「オペラ抜粋曲」

◇報告者:井上登喜子

◇日時:2021年2月6日(土) 16:30-17:30
◇会場:オンライン開催
◇言語:日本語
続きを読む

2014年度5月研究例会 (第128回オペラ研究会)

English follows Japanese

第1部:オペラ/音楽劇のキーワーズ シリーズ第5回

モーツァルト以前のジングシュピール

◇報告者:長谷川悦朗

第2部:研究発表

オペラ研究における放送アーカイブの活用の可能性―1940年代後半から1950年代前半の日本における録音を中心に―

◇発表者:佐藤英
◇日時:2014年5月17日(土)16:50-
◇会場:早稲田大学 早稲田キャンパス 8号館 219会議室
◇言語:日本語

続きを読む

2013年度2月研究例会 (第126回オペラ研究会)

第1部:研究発表 (16:25-17:55)

オペラにおける舞曲 ―アルバン・ベルクの《ヴォツェック》と《ルル》からの考察―

◇発表者:石川亮子

第2部:オペラ/音楽劇のキーワーズ 第3回 (18:00-18:30)

「日本の作曲家によるオペラ作品史」

◇報告者:佐藤英
◇日時:2014年2月1日(土)16:25-18:30
◇会場:早稲田大学 早稲田キャンパス 9号館 5階 大会議室
◇言語:日本語

続きを読む

2012年度2月研究例会 (第115回オペラ研究会)

研究発表

明治期伝統演劇界のオペラ理解 ──雑誌『能楽』『歌舞伎』のオペラ紹介記事を中心に

◇発表者:伊藤由紀
◇日時:2013年2月2日(土)16:30-18:00
◇会場:早稲田大学 早稲田キャンパス 9号館 5階 第一会議室
◇言語:日本語

続きを読む