タグ別アーカイブ: Antigone

2018年度1月研究例会(第177回オペラ研究会)

研究発表

エカテリーナ2世時代のロシア宮廷におけるオペラ・セリア上演の実態――トラエッタの《アンティゴナ》(1772年)を中心に――

◇発表者:森本頼子
◇日時:2019年1月19日(土)16:30-18:00
◇会場:早稲田大学 早稲田キャンパス 3号館 702教室
◇言語:日本語

続きを読む